アラフォーだって幸せな結婚ができる

まず、アラフォーで、プチリッチ婚以上のセレブ婚を見事に果たした(私の友人の)ケースです。

彼女が選んだのは、「バツイチ、子持ち、前妻と子供に毎月面会をしていて、あと15年間養育費を支払う義務がある年収5000万円の男性」でした。

彼女は、「すごく幸せ。だけど、たまに複雑な感情を抱く」といっていますが、20代の女子やその両親なら敬遠するであろう条件を受け入れたことで、だんな様からは、「理解がある世界一、愛しい女性」と深く愛され、豊かな日常を手にしています。

次は年収1800万円のプチリッチ男性と結婚した別のアラフォー女性のケース。彼女のだんな様の年齢は50歳です。幸せいっぱいの彼女が抱える唯一の悩みは、「夫があと10年で定年を迎えること」だそうで、老後を見据えた蓄財に余念がありません。

3つ目は、年収1300万円の5歳下の40代イケメン男性と電撃入籍したアラフィフ女性のケース。彼女は経営者として成功しています。彼女の「人としての成熟度」「器の大きさ」「人脈」「経済力」などの魅力は、どれを取ってもその辺の小娘では太刀打ちできません。

さて、ほかにもたくさんの成功事例はありますが、私が感じる、35歳をすぎた女性が幸せな結婚を実現するために必要なものとは、「器の大きさ」です。

そして、これこそが「大人婚」の極意でもあります。男の年収という条件を重視するなら、それ以外の条件は柔軟に受け入れる。そして小娘にはない「何か」、たとえば、お金では買えない「人脈」だとか「人徳」を男性に提供し、魅力的な結婚相手として認識してもらうのです。

こうしたアラフォーならではの武器を手にすれば、勝算は十分にあります!

女性は何歳であろうと、幸せな結婚ができる可能性はあります。だから、どんなに耳が痛くなる話であろうが、私は声を大にしていいたいのです!

女のゴールデンタイムを1秒たりともムダにしてはいけません!