忘れられないパンケーキ

田舎者の私が上京して働いた繁華街近くの雑居ビルの二階にあったおしゃれな喫茶店。

お店の名前は忘れましたが、広い店内には各テーブルとソファでの客席。お店の照明もやや明るさを落としてモダンな感じです。一見、空間の広いスナックやパブかと思うほど、ちょっと大人の雰囲気が漂い、店員さんもいつも同じ40代くらいのミニスカートの女性がウェイトレスみたいなオーダーを受けたり、運んだりしていました。

まだ20代前半で場違いかなと感じる事はありましたが、それでもメニューを見ると、コーヒーや紅茶、オレンジやアップルなどのジュースやバナナやマンゴーなどのシェークなどどこにでもある普通の喫茶メニューなので、見つけだした最初こそ入っていいお店か迷いましたが、二度三度通ううち、お店も落ち着いたいい感じだったので気に入ってしまいお茶をするのはこのお店と決めました。

今でこそ喫茶店ではミルクティーを好む私ですが、そのミルクティーのおいしさを知ったのもこのお店が始まりです。

それまで喫茶店で飲む飲み物と言ったらまだまだ子どもだったのでしょうが、甘いココアばかりでした。しかしメニュー表に載ってる紅茶がティーポットでなんとなく大人を感じオーダーしたら、飲みやすく更にティーポットなのでおかわり分もありお得感も増してすっかり虜になっていました。

実は、ミルクティー以上に虜になったメニューがあります。パンケーキです。生地は二枚とその上に生クリームとブルーベリーとラズベリー、小口切りされたバナナとキウイが載っています。値段もリーズナブルだったので、正直期待していませんでした。

オーダーしてから15分ほど待ったのち、ミニスカートのウエートレスという言葉が似合わない大人な感じの女性が運んで来たパンケーキ、口にするとびっくりするくらい生地が柔らかい。しかも生地の上のフルーツも程よい酸味と生クリームの甘さがいい感じで、それからも何度かオーダーしました。

てっきり冷凍されたパンケーキを電子レンジでチンするだけかと思ってました。最初に食べた日のおいしくて感激した日の事は今でもはっきり覚えています。本当に柔らかくてほっぺたが落ちるとはそのパンケーキを食べた後の表現に最もふさわしい言葉かも知れません(^o^)。

それからも何度かそのお店に通いましたが、その後その地を離れた私にとって何十年経っても忘れられないパンケーキであり再びお店に行って食べたいと考えています。

 

毎日のご褒美パック

毎日忙しく仕事をしている私ですが、仕事柄毎日外にに長時間いてる事もあり、お肌は紫外線を浴びてぼろぼろです。

長年働いている先輩を見るとやはり年齢と共にシミになってしまったりしています。仕事が終わると疲れ切ってしまい、化粧もお風呂で一緒に落とし化粧水、乳液を軽くつけ寝てしまう事が当たり前でした。

エステで働いている友だちと話をしていると、スキンケアは本当に大事でしているとしていないでは30歳を過ぎると変わってくるよと言われました。

そこで、私は徹底的にスキンケアに力を入れてみました。まずは、家に帰ったら化粧を必ず落とす(^ ^)

絶対してはいけない事は化粧をしたまま寝る事です。これは、顔に雑巾を乗せて寝ているのと一緒だそうです。

そして、スチーマーがあったので私はスチーマーを使い毛穴の汚れも落としながら化粧を落とします。

そして、必ず洗顔後すぐに化粧水、乳液を惜しみなくたっぷりと付けます(^ ^)

ここからは自分の時間です。そして、お風呂に入った後は、化粧水でお肌を整えてから毎日パックをしています(^ ^)

パックは薬局で買うと1枚100円はするのですが、ネットで購入すると1枚あたり30円~40円ぐらいと凄く安いので毎日使ってもお金には気になりませんでした。

パック後はしっかりと乳液をつけお肌に蓋をします(^ ^)

そして、夜更かしはなるべくしません。お肌の大敵です。夜中のテレビは必ず録画し休日に観ることにしています。

夜更かしすると、お腹も空きすぐにお菓子を食べてしまうので、せっかくの綺麗になった肌に食べかすがついてしまったり、油物を食べすぎると皮脂が出てきてせっかくのスキンケアが台無しになってしまいます。

また、睡眠時間をしっかりとる事により目覚めが良いのはもちろんお肌にも凄くいいです(^ ^)これを繰り返しているおかげでちょこちょこ吹き出物が出来ていた私ですが全く出来なくなりました。

今では食生活にも気をつけて、冷たい物を食べすぎないようにし、野菜をしっかり食べることを心がけています。何歳になっても若々しくいられる肌でいたいです。