自分の考えは無謀すぎたのだと、真摯に反省するところから婚活がスタートしました。そして私は「思いやりのあるプチリッチな男性と結ばれる」という最高の勝利を手にするために、婚活についてとことん研究し、戦略を練ったのです。

本来は考える前に体が動いてしまうタイプなのですが、突きつけられた現実があまりに厳しすぎて、考えざるを得なかった。

そして、わかったこと。

私が望んでいた年収1000万円以上の独身男性は、独身男性のうち0.4%しか存在しないこと。つまり250分の1の椅子取りゲームで勝ちぬかなければならないってこと。

一夫一妻制の日本でそうした望みを叶えるためには、0.4%の絶滅危惧種並みの男性に選ばれる女にならなければならないということでした。

こんな状況を反映してか、昨今は「三平男子」(平均的な年収、平凡な外見、平穏な性格)を求める声が増えています。ただし、婚活女子たちが希望する平均年収とは、682.6万円(平成24年度結婚情報センター・ノッツエ調べ)。

ところが現実の男性の平均年収は511万円(平成25年度、国税庁調べ)。

ちなみに、この平均年収は40代、50代の既婚者も含むので、もう少し若い独身男性に限定したら300万~400万円ぐらいの人がほとんど。

さらに、あなたが求めるものが年収だけでなく、価値観だとか、清潔感のある見た目、コミュニケーションカなどと注文をつけ始めた日には、白馬の王子様なんて蜃気楼のような存在です。

いかに理想と現実が乖離しているか、ご理解いただけますでしょうか?