実は、日本人女性の9割は、積極的な婚活をせず、何となくつき合っていた彼や、親にすすめられた縁談や知人からの紹介で、そのまま結婚にいたっています。

実際、学生時代からの恋人や職場恋愛で結ばれる人って、多いと思う。

ちなみに、私は2回結婚していますが、1回目ははっきりいって「まぐれ婚」。結婚適齢期になったころ、いい具合にお金持ちの男性が現れて、当時の周りからの後押しも手伝って、サクッと電撃入籍。

漠然と「20代のうちに結婚したいな~」と思っていたものの、戦略的な「婚活」はしていませんでした。けれども今思い返してみれば、お金持ちと結婚する方法を、天然で実行していたのも事実。

運良く結婚できたものの、結婚後について何も考えていなかった&わかっていなかった未熟な私は、ドラマや雑誌などで目にする温かい夫婦や、自分の仲のいい両親の姿、周囲のおしどり夫婦のそれとはかなり異なる実際の結婚生活に、つまずいてしまいました。

ただし、転んでもタダでは起きないのが、私のモットーです。一度、離婚したからといって、「生涯独身でいるのか?」と問われれば、答えは「NO」。

ここから私の本当の婚活が始まりました。

幸せな結婚を果たすまでの間、徹底的に悩み、考え、いたらなかった点は反省し、戦略を練り、戦いぬきました。それは苦しい時間でしたが、人生でものすごく価値のある充実した時間だったと思います。婚活には、自分を成長させる楽しさもあるのです。