「プチリツチ」とは「年収1000万~3000万円程度」と定義しています。プチリッチ男性といえば「年収1000万~3000万円程度の男性」という意味。

そして、私は婚活していたとき、猛烈にプチリッチ男性にこだわりました。

その理由は、フツーの女性が結婚後の幸せを最大限に享受できる層がプチリッチ層だと思っているからです。周りを見渡してみても、プチリッチ妻の幸福度、満足度は非常に高い。「主人に感謝している」「私は恵まれている」「すごく幸せ」と語るプチリツチ妻は本当に多いのです。ところが、年収数億円以上も稼ぐ男性の妻だちは、金銭的には何の不自由もないけれど、セレブ妻ならではの制約や問題を抱えていて、必ずしも幸せとは限らない。むしろ苦労しているセレブ妻もいます。

なぜか?

あくせく働かなくても、年金や権利収入が入ってくるようなゆとりあるお金持ちは別として、今現在、自力で稼いでいるお金持ち男性は、妻に、贅沢な暮らしを維持するための協力を求めてくることが多いのです。その内容たるや、想像を絶するほどです。「彼の収入をキープするために24時間死ぬ気で仕事をサポートする」といった覚悟がないとやっていけません。さらに、そのような男性の性格や価値観は普通の人ではついていけないような「クセ」があることもめずらしくはなく、普通の神経の持ち主では、ついていくだけでもかなりのストレスになってしまいます。

だから、年収3000万円超のお金持ちの男性の妻になるには、「妻として家庭を守る」という意識だけでは務まらない。

だけど、世間一般よりちょっとだけリッチな「プチリッチ男性」なら、価値観もさはどかけ離れていないことが多いので、いわゆる一般的な家庭の幸せも享受しやすい。

私は、「愛かお金か」という二者択一の質問が大嫌いです。なぜ、どちらか1つを選ばなければならないのか? とっても疑問だからです。「愛かお金か」ではなく「愛もお金も」両方の幸せを目指したっていいじやない? と私は思う。

そして、男性の年収とその妻たちの幸福度を比較検討し、たどり着いたベストバランスが「愛もお金も」どちらも手に入るプチリッチ婚でした。
だから私は、自信を持ってプチリッチ婚を推奨いたします。

昨今、世に出回っている婚活本の多くは、「年収300万円の家事メン、育メンを探して、共働きで世帯収入を上げましょう!」とか、「自身の市場価値を見直して、お相手の条件にこだわるのはやめましょう、それが幸せの第一歩!」と主張しています。それが現実的なのは確かでしょう。

でも、結婚後の幸せを目いっぱい素晴らしいものにしてくれるパワーが、お金にはある。そして、結婚後に味わう苦労を大幅に緩和してくれるのも、やっぱりお金なのです。これは結婚の経験がある多くの女性が納得する「絶対的な真理」といっていいと思う。